二重整形の失敗例

顔に触れる女性

失敗例について

まず、埋没法による二重整形手術の失敗例を紹介します。埋没法の失敗例で最も多いのは「理想の二重まぶたにならない」という事例です。失敗する要因としては、手術前のカウンセリングが十分でなかったり、目の形に合わない二重ラインを要望したことによって埋没法を失敗してしまうことがあるようです。また、時間が経過するごとにまぶたの幅に左右差が出てきてしまった、という事例もあるようです。手術から何年も経過して修正をしようと思っても、癒着してしまい、糸が取り外せなくなった、というケースもあります。さらに、埋没法の失敗例で怖いのは、視力の低下が起こってしまった場合です。埋没法では、術後1週間から2週間ほど、目がゴロゴロする、という違和感を感じることがあります。しかし、このような違和感が長引くようであれば、注意が必要です。このようなケースでは、まぶたの裏側で糸が直接眼球に当たるように、露出してしまっている可能性があるのです。炎症を引き起こし、視力の低下を招いてしまうことも考えられますので、痛みが引かなかったり、違和感を感じた時は、手術を受けたクリニックを受診し、抜糸してもらいましょう。切開法の失敗例は、目の開閉がしにくくなるということがあります。これは、皮膚が切り取られ過ぎてしまったことで、瞼を閉じにくくなってしまったということが考えられます。また、二重の幅を広げ過ぎたことで筋肉がまぶたを持ち上げることができなくなってしまった、という原因も考えられます。このような場合は、早めの処置が必要になります。また、皮膚や脂肪を切除しすぎてしまうことによってまぶたが腫れぼったくなった、くぼみができた、などの失敗が引きおこることもあります。このような失敗は、医原性の眼瞼下垂(がんけんかすい)に繋がることもあります。このような失敗を防ぐための対処法は、クリニック選びを慎重に行なうことです。経験豊富な医師のいるクリニック選びましょう。

対処法について

二重整形による失敗を避ける対処法としては、経験豊富な医師のいるクリニックを選ぶようにすることです。二重まぶたの整形手術は、簡単だと思われがちですが、そのようなことは決してありません。二重整形は大切なお顔、デリケートな目元にメスを入れる手術ですから、医師の技量は大切な判断基準になります。できるだけ信頼のおける医師に手術してもらう方が、安心度も高まります。クリニック選びに悩んでしまう場合には、医師の実績や経験などを見極めてクリニックを選びましょう。二重整形について専門的な知識を持っている医師や、美容外科医として1年以上の経験を持っている医師などが望ましいと言えます。また、クリニックの価格設定も、大切な判断基準にしましょう。あまりにも安すぎる価格で手術を提供しているクリニックは注意が必要です。価格が高すぎるクリニックやオプションを進めるクリニックも注意が必要です。クリニックでは、カウンセリングなどもしっかりと行なってくれる信頼のおける医師に手術を依頼することで、失敗を事前に防ぐことができます。

Copyright© 2019 ぱっちり二重で目元の印象を変えて人生を楽しく! All Rights Reserved.